世界の出来事と金融の関係

お金10

ニューディール政策や世界大恐慌のような自体も金融と密接にかかわっています。

金融は見えないところで、世界経済を支える基盤となっています。過去の歴史から金融はどれだけ重要であるかを示していますが、それを理解するのは容易ではありません。

たとえば、ナチスドイツのヒトラー政権を支えた銀行家のシャハトの存在は金融がいかに、その経済の基盤で重要であるかを示す一例ですが、その点を指摘する人はあまり多くありません。
ですが、経済政策上でナチスドイツが世界中を驚かせるような成功を支えた側面に、シャハトの金融改革があったことは疑いようもありません。

もちろん、それが決して世界にとってプラスに働いたとは言えない側面もあり、結果としてヒトラーの世界戦争の協力者になってしまっている一面があります。

金融は使い方を誤れば、恐ろしい惨事を世界に及ぼす可能性があり、それは極めて危険な側面といえます。

そのことを冷静に知っておくことで、どのような経済が世界を支えているのかを知ることが出来るようになります。

まず、その側面について重要なポイントを理解しておくことが望ましいと言えるのではないでしょうか。金融に関して知る為には必要な事という事が出来るはずです。